岐阜県博物館 Gifu Prefectural Museum

岐阜県博物館 Gifu Prefectural Museum
岐阜県博物館は、飛山濃水(飛騨の山、美濃の水)の中で育まれてきた本県の姿を、自然・人文両分野の諸資料によって紹介する総合博物館です!!

12月1日(火) 特別展示「鍔工・成木一成氏寄贈コレクション―近年の寄贈品―」が始まりました

 特別展示「鍔工・成木一成氏寄贈コレクション―近年の寄贈品―」を本館4階人文展示室2において12月1日から公開しました。

 成木一成(本名は成木一彦)氏は現在となっては数少ない鍔工(刀剣の鍔を造る職人)の一人です。昭和五十六年(1981)中津川市から無形文化財「刀剣鍔の製作技法」の保持者に認定されました。鍔の製作を製鉄から行う、稀有な鍔工です。

 これまで当館は、成木氏が製作した作品等を、本人から寄贈していただいております。その中から平成23年以降に寄贈を受けた作品等を一堂に展示します。

 平成28年1月17日(日)まで展示しています。この機会にぜひご覧ください。

【展示品】

○成木一成作 丑歳鍔(当館蔵)
○成木一成作 沢蟹之図鍔(当館蔵)
○成木一成作 水車之図鍔(当館蔵)
○成木一成作 立ち葵の図鍔(当館蔵)
○成木一成作 嶺の松風の図鍔(当館蔵)
○成木一成作 長久の図鍔(当館蔵)
○成木一成著 鍔押形集(当館蔵)
○成木一成筆 鍔下絵(当館蔵)
 ・如来及び摩利支天
 ・摩利支天
 ・不動明王
 ・愛染明王
 ・愛染明王
○成木一成筆 鍔の基本(当館蔵)
○成木一成作 鉄地共小刀「狂歌陽彫」(当館蔵)
○成木一成・天田昭次作 播州千種川の砂鉄による刃物としての資料(当館蔵)
○成木一成作 相州大岡川砂鉄による刃物としての地鉄資料(当館蔵)

立ち葵の図鍔

↑成木一成作 立ち葵の図鍔

当サイトは、岐阜県博物館により運営されています。
当サイトのコンテンツは、明記されているものを除き、すべて岐阜県博物館に帰属します。当サイトの内容等を許可なく複製・可変および販売・出版・放送等に利用しないようにお願いします。